ECCE HOMO
(※ECCE HOMOとはニーチェの半自伝的かつ狂気に満ちた晩年の作品『この人を見よ』の原題で、ここでは zoёの偏見と怒りと笑いに満ちた日々の記録である。)

7/1/THURSDAY
PV撮影第1日目。僕はソニーで打ち合わせ。アナイさんも参加した。その後キクチ君の家行く。キクチ君からマックとスピーカーを引き上げる予定だったんだけど僕の車が一杯で乗らなかった。アナイさんと別れて、その後シゲソニックの家行ってA-DATのデッキ回収。パーソナリティ・クライシスのミックスをトミナガ君にやってもらうためA-DATを彼の家に運ぶ必要があった。夜トミナガ君の家で受け渡し。スクーデリア・エレクトロの石田さんとメシ食べようと約束してたんだけどお互いタイミング合わずに繰り越し。ニアミス。

7/2/FRIDAY
PV撮影第2日目。昼から僕も参加。スタッフみんな気合い十分。halの気合いは半端じゃなくてしびれたぜ。終わってからスタッフの手落ちがあってhalと僕とヤマグチさん激怒。解散してからヤマグチさんとhalとメシ。halの家の近くに非常に良い感じのオープンな店があってそこによく行くんだけど、今日もその店。ビール飲んでおいしいサンドウィッチ食べてだらだら話して解散。お疲れ様でした。

7/3/SATURDAY
弟のノリに頼まれててi-MAC買った。ブラック・フラッグの再初期の音源のCD買う。車修理終わる。クーラー修理して9万円。車を維持するのは大変だ。その後泳ぐ。halの家にフライングV届いたので見に行く。

7/4/SUNDAY
坂元監督が赤坂でオフライン編集やってたのでhalと見に行く。今回のPVは僕がプライベートでまわしたデジカム映像も挿入される予定。戻って僕の家の近くのよく行く店で石田小吉氏と飲む。彼とは2年ぶりだったけど、前より狂気を帯びていて、逆に言うと赤裸々な感じがしていて凄くイイ感じだった。僕は彼のような種類の人間は好き。かなり酔っぱらってしまってしきりに横浜に引っ越して来てくれーと懇願してしまった。その記憶だけはある。

7/5/MONDAY
オフライン見る。hal、アーティスト写真撮影。雨。夜中に世田ヶ谷、赤坂、横浜と移動しまくって疲れた。トミナガ君の家でミックスを1時間程覗いた。一瞬ボーっとする時間があったので、『モナリザ・オーヴァードライブ』の登場人物をメモパッドに書き出した。ウィリアム・ギブソンは複数のプロットを統合して行くスタイルをこの3部作では守っていて、これは慣れると大変楽しいんだけど、時々キャラクターが渾沌とするので書き出した。こんなことやったのは、ドストエフスキーの『白痴』を読んで以来。この作品もまず登場人物把握に時間かかった。慣れない響きの名前に加えて何の予告も無くあだ名で呼び合ったりするので最初は「何人出てくるんだ、この話は」と焦った。

7/6/TUESDAY
寝坊してコモリ君との約束を破ってしまった。自己嫌悪に陥った。僕は彼が凄く好きなんだけどこうやって結果的に怒らせてしまう。とりあえず午後からの用事を一件すまして、泳いで、シゲソニックの家行って、その後キクチ君のところでマック引き取って、halとヤマグチさんピックアップして高田馬場でPVの編集見た。又帰宅したら3時過ぎだった。明日は午後1時に都内で事務所の人間と打ち合わせだ。行けるか?SLY&ROBBIE [RHYTHM KILLERS]とTHE THE [BURING BLUE SOUL]入手。

7/7/WEDNESDAY
七夕。昼間は事務所の人と会合。その後今日は4時くらいに帰宅。家の片付け。作曲。晴れ。デジカメ映像をとりこんで整理してたら2年くらい前の黒髪のhalが映ってた。こっちを向いてニッと笑って親指を立ててる表情を見てたら泣けてしまった。もうこの表情を彼女はしないだろう。でもきっと一層ピュアになってまた無邪気な顔を見せてくれるはずだ。高く高く枝を伸ばすためには深く深く根を張っていかなければならない。彼女を守りきれなかった事を知りつつもまた僕はhalの無垢を守るために戦い続ける。

7/8/THURSDAY
今日はついにオフ。助かった。早速昼にコモリ君のところ行って色々打ちあわせる。地君と彼女がデザインしてくれた8月20日のイベントのDMとフライヤーの原稿をゲットした。早速印刷の手配だ。泳いだ。今日は久々に宿敵の傭兵オヤジがいた。なんと途中から僕と同じタイミングでヤツもスタートしてきて、隣り合ったコースで600m程並走するはめになってしまった。シンクロナイズド・スイミングやりに来てんじゃねーんだぞっと思った。結局600m過ぎた辺りから徐々に差をつけられてしまった。しかし僕のスピードも落ちてはいないことがわかった。その後コーヒー買って、帰宅して確定申告にとりかかった。まだやってなかった。頭が痛くなったのでメールのチェックをして家の片付けをして電話してたらあっという間に夜になった。台所のシンク周りや洗面所周りの水アカを掃除するスポンジの立方体のモノがあって、以前それ買ったきり使ってなかったので、使ってみたらこれが面白い程汚れが落ちる。水周りがピカピカになった。感動した。夜は選曲をした。週末にDJするかもしれないのである程度ヴィジョンをまとめておこうと思って選んだ。基本はロック。ちなみに選曲した曲を挙げてみると、
(1)THE SABRES OF PARADISE [SMOKEBELCH II(DAVID HOLMES MIX)]
  これはイントロに一発かけてみんなを歓迎したいなーという気持ちがこもってる。この曲はなんだかワクワクするような雰囲気に満ちてるからね。
(2)RY COODER [KING OF THE STREET]
  続いて映画「トレスパス」からのトラック。アイスTがラップをしているんだけど、バックのジム・ケルトナーのピリピリしたリズムとライ・クーダーのこれまた神経質な歪んだスライド・ギターが非常にクールで斬新なトラック。セイバ-ズ・オブ・パラダイスのトラックの後に来るとこれが非常に馴染んで緊張感を演出する。
(3)JOHNNY WINTER [JOHNNY GUITAR]
  この曲はかなり好き。ジョニー・ウィンターの鋼のようなギターと定番のブルース展開。しかしジョニー・ウィンターが弾くと常に斬新に響くのはやはりヤツの天才性故か。これは燃える一曲。この曲でムードは一気にボクの得意なロックの世界。
(4)CACTUS [PARCHMAN FARM]
  炸裂する爆薬のようなトラック。カーマイン・アピスとティム・ボガードがヴァニラ・ファッジのあとに組んだヘヴィー・ロック・バンド。まさにハーレーを生み出した国の馬力にあふれるバンド。このリズム隊のバタバタした四輪駆動感は他の誰にも出せないね。ジョニー・ウィンターの後に続くのはこういう連中でしょう。
(5)B-52'S [LOVE SHACK]
  僕をハッピーにするバンドNO.1。特にこの曲が入ってるアルバムは大好き。この曲にはやられてる。
(6)AC/DC [RIFF RAFF]
  続いてキング・オブ・ロック、AC/DCのこの曲。この曲はギター引きながら燃える。おまけにライブ・ヴァージョン。ヤツラ程ライブ・ヴァージョンで熱くなれるバンドも珍しい。肉体の限界までひたすらハイになるバンド。
(7)HAL FROM APOLLO'69 [666-ENGLISH]
  そしてとどめの1曲。ニューアルバムのタイトル・トラック。この英語ヴァージョンはまた震えるかっこよさだぜ。
(8)VISION OF DISORDER [WHAT YOU ARE]
    このバンドは個人的に気に入ってる新しいバンド。ニューヨーク・ハードコアのスタイルを継承しつつビートの斬新さやヴォーカリストの非凡さにあふれてて大好き。おまけに日本盤の2枚目のアルバムではバッド・ブレインズのカバーがボーナス・トラックに入ってた。やるね〜。
(9)GROOP DOGDRILL [COCKSUCKER BLUES]
  最近聴いた中でもっとも気骨にあふれたイギリス野郎。それがこのバンド。パンクの連中からネオロカの連中からコアな連中からイギリスの濃い〜部分をがっちり受け継いだロック・バンド。この曲が入ってる1枚目のアルバムは燃えるね。
(10)C.O.C [THE DOOR]
(11)DANZIG [IT'S COMING DOWN]
(12)DANIEL ASH [GET OUT OF CONTROL-AORTALESQUE MIX]
(13)ADAM CLAYTON&LARRY MULLEN [THEME FROM MISSION:IMPOSSIBLE]
(14)MINISTRY [JUST ONE FIX(W.S.B.)]
(15)MOTORHEAD [ORGAMASTRON]
(16)BIG BLACK [COLOMBIAN NECKTIE]
(17)BATTHOLE SURFERS [THERMADOR]
(18)ZZ TOP [La Grange]

7/9/FRIDAY
今日は午前中に起きて確定申告にいくはずが起きたら昼前だったので、急いで支度してコモリ君のところに向かった。明日から彼は10日程渡米するので今日がとりあえず最終確認の日だった。その後待ち合わせがあったので移動した。一緒に昼飯をとって、夕方から下北沢のクラブ251で下山淳さんのソロ・ライブを見に行った。痺れた。僕ははっきり言って影響を受けた日本人のギタリストって数える程しかいないんだけど、下山さんはその中のひとり。初めて聴いたのは新生ルースターズのアルバム『four pieces』でのプレイ。あのアルバムは忘れられない。シャープで緊張感のある下山さんのギターと花田さんの無骨なヴォーカル。下山さんが歌ってる曲もあって今回のライブではその曲もやった。ゲストに花田さんも出て、サンハウスの柴山さんも出た。またドラムの湊さんは恐ろしく強靱なドラムで圧倒された。彼と下山さんがいた60/40の曲もやってた。日本人の好きなドラマーもやはり数える程しかしないんだけど、湊さんは僕は大好きなドラマーなので生で叩いてるところが見れて最高だった。ヤツはシゲソニックとは違った意味で鬼気迫るモノがあるね。1曲目からシド・バレットのカバーでいきなり「やられた」って感じだった。とにかく最高のライブだった。久しぶりに花田さんとも話が出来た。下山さんにも挨拶出来て、非常に良い気分だった。10時半頃終わったのでそのまま渋谷のネストに向かった。昼にホッピーさんに電話もらってライブやると言ってたので、はしごすることにしていた。遅れたかと思って辿りついたらおしてて間に合った。デミセミのエミさんと女装したホッピーさんの2人組バンド。ストラヴィンスキーなんとかっていう名前だった。即興でシアトリカルで妙な面白みもあって楽しかった。その後EX-GIRLSを見た。女の子3人組のバンド。ガレージ・テイストとスペイシーなテイストがあって3人のハーモニーが強烈でかっこよかった。まだまだ面白いバンドはゴロゴロいるね。

7/10/SATURDAY
今日は本当はサジ君仕切りで遠征する予定だったんだけど、キャンセルになった。多くは語らないが割り切れない出来事だった。しかし今日明日、潰れるはずが空いたので山積してたことを地道に片付けるのに使った。曲も作った。そういう意味では有意義だった。吉田秋生『十三夜荘奇談』と木城ゆきと『銃夢ーガンム』第5巻と谷口ジロー『風の抄』買った。家ではスライ&ロビー『リズム・キラーズ』をずっと聴いてた。これはかっこいいぜ。

7/11/SUNDAY
雨。昨日スライ&ロビー聴いてたらオハイオ・プレイヤーズのカバーやってるのに気付いて、急いで出してきて今日は起きてからずっと聴いてる。やっぱり彼等の全盛期の音はアヤシイ魅力がある。起きてちょっと用事があって30分程出かけて帰りに腹が減ったので吉牛行って食べてたらなんとなく後ろが騒がしくて、振り返ったら全身迷彩服の男が数人と女1名と、あといかにもその筋ってかんじのニイちゃん方5〜6人が入って来て何ごとかと思ったら外に右翼のパジェロが3台止まってて納得した。しかし右翼の若い連中もみんなで吉牛で昼飯食べるんだね。今日も1日細々とした事を片付けて行く。佐々木倫子『動物のお医者さん』1巻を買う。

7/12/MONDAY
確定申告に行った。去年引っ越したので実は提出する場所が変わってて焦った。それまで出してた港北警察の裏の神奈川税務署ではなくて緑税務署に出さなくてはいけなかった。結局神奈川税務署で2時間近くかけてまとめて緑税務署に行って提出した。その後8/20の手打ちのイベントのフライヤーの印刷を頼みに行って、一旦帰宅して夕方出来上がりを取りに行った。その後夜からブラーっとドライブに行った。国道246をひたすら下って丹沢の湖まで行って帰ってきたら12時過ぎてた。道中モントローズの1枚目とロッド・ステュアートの『アトランティック・クロッシング』とイーグルスのベスト盤を延々ループして聴いた。気付いたのはやっぱりイーグルスの様な音楽は移動の途中には非常に魅力的に響くこと。「デスペラード」とか「テキーラ・サンライズ」とかはやっぱ泣ける。これは東京都内のタイム感では決して味わえない感覚だと思う。郊外に住んで車で移動してる人間じゃないとわからないと思う。それがイイか悪いかは別にして。夜の湖は何か不気味だった。帰りに家の近くで車のライトが切れた。明日には取り替えなければ。

7/13/TUESDAY
雨。起きてまず車のヘッドライトの交換に行った。その後次のレコーディングのスタジオの下見に行った。halとアナイさんをピックアップしてソニーのTさんと現場で待ち合わせた。ひたすら雨の降るダウナーな1日だった。K.W.ジーター『垂直世界の戦士』、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『故郷から10000光年』、佐々木倫子『動物のお医者さん』3巻〜6巻買った。夜『モナリザ・オーヴァードライヴ』読了。ここ1ヶ月僕の夜をともに過ごした作品を読み終えてしまった。寂しい。黒丸尚追悼特集として今度はラッカーの『ソフトウェア』に取りかかろう。

7/14/WEDNESDAY
起きてすぐ横浜に向かう。午前中にHALの8/20のイベントのフライヤーをまいてくれるファンのめぐろみ姉妹に500枚フライヤーを渡しに行った。この2人には助けられる。ありがたや。その後泳ぎに行って、一旦帰宅して機材をピックアップしてシゲソニックのところでPERSONALITY CRISISのセッション。2曲目の仕込みに入る。しかし相変わらず脱線しまくってあまり進まなかった。夜9時半頃彼の家を出てトミナガ君の家に向かう。ミックスの進み具合を聴きに行く。雨。凄い湿気た日。JESUS&MARY CHAINはこういう湿気の多い雨の夜に案外良かった

7/15/THURSDAY
午前中に用事を済まして、泳いだ。暑くて汗が止まらない1日だった。その後シゲソニックの家でパーソナリティ・クライシスのセッション。今日は全然進まなかった。夕方ヒデジ君が来た。彼にはパーソナリティ・クライシスでベースを弾いてもらおうと思ってる。ナオミというバンドのベーシスト。

7/16/FRIDAY
午前中用事があってバタバタと動いてその後HALのリハ。幡ヶ谷にあるスタジオ。久しぶりにみんなで音出した。気持ちよかった。楽しかった。しかしこのバンドは鍛えられてる。鋼のサウンド。演奏しててメンバーから生み出されるグルーヴが合わさって増幅されてそれが一旦halのところに集まってまた増幅されて放射される。リハの後久しぶりにみんな揃ってメシ食った。eには前回のライブ以来会って無かったので本当に久々の再開。近況を色々話した。メンバーと会ってるとやっぱり落ち着く。ここ数年の激変する環境をみんな体験してきたので結束は堅い。メンバーがいて良かったなーとしみじみ思った1日だった。ここ数日車の中でトリッキーの3枚目のアルバム聴いてる。トリッキーは1枚目から2枚目、3枚目とだんだん作品に対しての聞き込み回数が減ってたんだけどこの3枚目は聴いてるうちにジワジワと凄みが伝わって来た。自分がイメージしてたトリッキーのサウンドから微妙に変化してて新鮮だった。この湿度100%の世界には彼のサウンドは気持ち良い。

7/17/SATURDAY
泳ぐ。その後昨日に引き続きリハ。燃える。今日は新曲もちょっとやった。やっぱ演奏してると気分がイイ。燃える。新曲をバンドとあわせるのは楽しい。出来上がって姿をあらわしてくる曲の誕生の瞬間は興奮する。彫刻のように一つのエネルギーの固まりを研摩して形を与えて行く。eからマンガの週刊誌40冊程もらった。あと『イティ・ハーサ』の最後の2巻借りた。ついにこの作品も完結か。

7/18/SUNDAY
今日は本買った。ついにジェイムズ・エルロイ『アメリカン・タブロイド』上下巻入手。後、バラードの『殺す』、ホルヘ・ルイス・ボルヘス『不死の人』、ブレイク『ブレイク詩集』、ロバート・コールズ『シモーヌ・ヴェイユ入門』入手。今日は1日オフだったので家の掃除した。久しぶりに自分で料理した。チルアウトした夕べだった。明日はリハだ。

7/19/MONDAY
リハ。曲順で演奏する。ざっとやった後新曲に挑戦した。次のレコーディング用のマテリアルとして3曲あってそのうちの2曲をやった。燃えた。その後仕事周りでトラブルが発生した。かなり立腹した。結局スタッフにしてみるとどこか他人事なのでどうしてもこっちのテンションでは全く考えられないことが起こる。今回のことは基本中の基本とこっちが思ってたことが全く守られてなかったため発生した。そしてトラブルが起こるとまずは責任転嫁が始まり、遅い対応でなんとなく事態をうやむやにしてしまう。これではお互いのスタンスの確認も出来ないし、次に同じ問題が起こってもまた同じ事のくり返しになってしまう。

7/20/TUESDAY
今日はどうやら休日らしい。昨日結局朝まで起きてたので今日は目が覚めたら午後3時をまわっていた。eにもらった週刊誌を1誌ごとにまとめ読みした。ヤングサンデー6冊一気読みしたら、さすがにぐったりした。ギターの弦を交換したり色々やってたら夜になってた。

7/21/WEDNESDAY
凄まじい湿気。泳ぐ。夕方、突然割れるような音と光り。雷。空がビリビリに破けて行くような轟音。真っ白い閃光。自然現象のスケールの大きさに唖然としつつハイになった。今日は先日のトラブルの件でhalの家に行った。シモーヌ・ヴェイユの話しをした。halとシモーヌ・ヴェイユはその思想の方向性は全く異なるけど、根本に似たところを感じる。自分をとりまく現実と自分が望む現実のギャップを目をそらすことなく見つめる視線。人は自分の孤独を正面から見つめる程強く無い。しかしその強さを持つことは一つの狂気だと思う。石田さんと飲んだ。石田さんと飲むとベロベロになってしまう。ろれつが回らなくなる。石田さんは好きだ。今日も面白かった。なんかバンドでもやろうと盛り上がった。

7/22/THURSDAY
泳ぐ。その後ぶらぶらして、例のトラブルの件でhalの家行った。その後トミナガ君の家行ってパフォーマーをインストールしてもらって奥さんの作ってくれた夕飯御馳走になってアイス食べて辞した。トミナガ君に来週からパフォーマーを習う。彼には助けてもらってる。ありがたや。

7/23/FRIDAY
ゲネプロ。ゲネが夜からで、昼頃山口さんから電話をもらって髪を切ってくれることになったので行くことにした。切ってもらってから山口さんとスタジオ行った。今日は初めてのスタッフもいて面白かった。アナイさんも来た。アナイさんは明日のPAをやってくれる。明日は本番だ。今日髪切ったらなんか黒髪とブリーチのまだらになってたのでブリーチしようと思ってたら眠くなったので断念した。

7/24/SATURDAY
ライブ当日。起きて午前中にブリーチした。halをピックアップして午後2時会場入り。今日はブルンストーン・レコーズの1周年記念のライブにゲストとして参加。僕達を入れて4バンド。場所は渋谷のDESEO。この規模のハコでこれだけ対バンがいるのは初めて。楽屋があってないような感じだった。ハコは中音に関して特に物凄く音がブーミーに回るところで僕達のように爆音で演奏するバンドには向かないと思った。今回はアナイさんをPAに、トミナガ君をアナイさんのヘルパーとして手伝ってもらった。ギター・テクはいつもの中川さんと今回初めてのアベさん。非常にこの2人には助けられた。イベント自体は面白かった。ライブはやっててかなり楽しかった。途中でアドレナリンかドーパミンか知らないけど大量に脳内分泌されて異様なアッパー状態になってしまった。終わってから色んな人と話した。何か楽しかった。メンバーとアナイさんとトミナガ君で場所を移動してささやかに打ち上げした。楽しい1日だった。ちなみに曲順は以下の通り。

1999.07.24.AT DECEO
1.backfire shuffle
2.howling
3.666
4.up
5.『OVERKILL』MOTORHEAD
6.dragoon
7.contract killer
8.slinkee
9.bellz
10.cosmic groove

7/25/SUNDAY
今日の昼頃帰宅。頭がボーっとして寝るゾっと思って横になってウトウトしだしたら代金引き換えの宅配便が来て起こされた。注文していたDMだった。喜んで開いてみたらこいつが非常にカッコイイ。しびれた。それで興奮して寝れなくなって困った。身体は疲れてるのに頭が冴えて来て寝れない。結局いろいろやってたら夜になったのでガツンと寝た。

7/26/MONDAY
早速DMを200枚程郵便局から出した。こんなことまでやってるとは誰も思うまい。夕方HALのフリーペーパーを作ろうということで人と会った。halが途中で取材帰りに合流した。1日中頭がジーンとしててあんまり記憶がない、そんな月曜だった。

7/27/TUESDAY
今日はhalが取材だった。僕は他の用事で合流した。今日もなんだかよく憶えてない。とにかくスレイヤーがハードコアをカバーしてるアルバムが最近のお気に入りでこれを車の中でよく聞いてたことは憶えてる。是永さんと電話した。あの人も一旦、のりがわかると面白い人。その後久しぶりにサジ君から電話がかかってきた。彼は渾沌としてるなー。マブダチのゲルからも久々に電話かかってきた。山形で日本カモシカに車で衝突して廃車になったと言っていた。ヤツは北海道でもカワサキのゼファーでシカに激突してる。一種のハンターか?恐ろしいヤツ。

7/28/WEDNESDAY
今日はまだ体調がそんなに良くなかったけど軽く泳いだ。その後iKTRとセッションする約束で移動。彼の家でギター弾いた。その後二子玉でCRJの女の子達と会って話を聞いて帰宅。夜ノリが来た。マンガをどっさり貸してやった。帰宅してからはメールしたり電話したりでバタバタしてた。細かいがしかし重要なことで、なおかつすぐに解決しなければいけないことが山積してる。

7/29/THURSDAY
泳ぐ。今日は8/20のイベントのタイムテーブル作ったりメールで打ち合わせしたりした。

7/30/FRIDAY
泳ぐ。家賃の振り込みに行く。TVKの人と中華街でメシを食った。ソニーのディレクターのTさんが2週間程休暇をとって奄美の方に行ってて今日久々に会ってその話を聞いたら僕も1ヶ月程行きたくなった。本でも読んだりしながらボーッとしたいなー。

7/31/SATURDAY
暑い。泳ぐ。めぐろみ姉妹のめぐの方に会ってHALのライブ・スケジュールのフライヤー渡す。この方には助けられてます。ありがたや。最近は風が強くて家にいる時窓を開け放してると気持ちいい。こういう気候の時はアメリカのカラッと渇いたロックを聞きたくなる。そういうわけでジェシ・エド・デイヴィスの[KEEP ME COMING]をここんところ在宅中は聞いてる。今月も生き残った。オレってスゲェー。