zoё's studio:DIARY 9807

ECCE HOMO

※ECCE HOMOとはニーチェの半自伝的かつ狂気に満ちた晩年の作品『この人を見よ』の原題で、
ここではzoёの偏見と怒りと笑いに満ちた日々の記録のことである



1998.07.31.Fri. 
詳細はライヴ・レポートを。周辺事を幾つか書いてみる。今回は対バンだったのでリハが慌ただしかった。リハが終わってから本番まで3時間近くあったのでテンションを持続させるのに難儀した。終わってから楽屋にサジ君とスギやんとマリオ君とマリオ君の彼女とジャラさんとジャラさんの友人とノリと小山君が来てhalが滅茶苦茶アッパーになって大騒ぎしてた。僕は楽しそうにしてるhalを見てるのが好きなのでさりげなくみんなからちょっと離れて一服してた。片づけてQUEを出て打ち上げの店を探す。なかなか良いところがなくて諦めかけた頃いい感じの店が見つかったのでみんなで集まる。メンツはhal、僕、アニキ、ミホさん、しげそ、eoe、山口さん、サジ君、スギやん、マリオ君、マリオ君の彼女、事務所のTさん。しばらくして中川さん、キュータローさんも合流。計14人。かなりみんなアッパーになってて面白かった。2時間ぐらいしてhalが寝始めたのでお開きになった。halは子供みたいな所があって一気に騒いで唐突に熟睡したりする。と言うわけで非常に面白い1日だった。

1998.07.30.Thu. 
ゲネプロ。明日のライヴの楽器のケアをしてくれるキュータローさんと初めて会う。いつもやってくれてるカンタローさんが今回参加できないので紹介して貰った。もう一人はいつもやってくれてる中川さん。ライヴと同じ曲順で何回か通す。その後みんなでご飯を食べに行く。戻ってからまた通して終わる。カンタローさんとマサミさんがスタジオに顔を出してくれた。明日は本番。

1998.07.29.Wed. 
泳ぐ。その後HALとは別の仕事のミーティング。その後halの家山口さんが来て髪を切ってくれることになってたので、僕も切って貰う。

1998.07.28.Tue. 
泳ぐ。AC/DC“LIVE”買う。安彦良和の『クルドの星』全3巻、『アポリネール傑作短編集』買う。ギターを弾く。夏らしい1日。

1998.07.26.Sun.-25.Sat 
今日は夜に川崎のクラブ・チッタでイベントがあって、halと僕とサジ君とスギやんとマリオ君とマリオ君の彼女とで遊びに行った。NYのクラブ、ロフトのDJが来てて、彼がNYを出てプレイするのはもうこれで最初で最後かもしれないから、とサジ君に聞いてロフトのフィーリングも味わってみたかったので行くことにした。行く前に泳ぎに行っていい感じで体がリラックスしてた。12時にチッタの前で待ち合わせて中に入る。星形に組んだ照明とミラーボールと沢山の風船がいい感じだった。場の雰囲気もリラックスしてていい感じ。halはテキーラをガンガン呑みながらアッパーになってて4時間ほどノン・ストップで踊ってた。スグル君やミツル君やサジ君に札幌で紹介して貰った知り合いも来てて、アット・ホームに感じた。6時前にクラブを出てhalの家にサジ君とスギやんと僕で行ってコーヒー飲んで喋ってたら10時近くなったのでサジ君とスギやんを送って帰宅。halは寝ないで昼からスポーツ・クラブに行ったと聞いてひっくり返った。

1998.07.24.Fri. 
今日はCD を買いに横浜に行った。THIN LIZZY“ JAILBREAK”、 PORNO FOR PYROS“PORNO FOR PYROS”、 BBM“ AROUND THE NEXT DREAM”、 MOTORHEAD“ NO REMORSE”、DEUTSCH AMERIKANISCHE FREUNDSCHAFT “ FUR IMMER ”、THE JESUS LIZARD“SHOT”、 JIMI HENDRIX“ BLUES”。

1998.07.23.Thu. 
泳ぐ。THIN LIZZY “BLACK ROSE A ROCK LEGEND”買う。ナボコフの『マーシェンカ』がどういう訳か百円で古本で売ってて、買った。ナボコフの『ロリータ』は結構好きな小説だった。執拗に自分の信条を書き込んでて、天才的な物を感じた。彼の短編集も持ってるけど、彼は非凡な物を持ってると思う。プレステのトゥームレーダースの攻略本も買ってしまった。行き詰まっててうんざりしてた所だったのでこの本を見つけて嬉しかった。しかし自分がこういう本を買うことになるとは思わなかった。

1998.07.22.Wed. 
夕方からメーカーの人と事務所のTさんとhalと僕でミーティング。凄い雨。降ったり小降りになったり緩急が激しい。帰ってから8時半頃泳ぎに行った。夜に泳ぐのは久しぶり。気持ちよかった。古本屋で『ガルシン短編集』を買う。狂気の作家の作品集。岩波文庫版の彼の『赤い花』は持ってたんだけど、重複してない作品もあったので購入。THE DAMNED“ THE LIGHT AT THE END OF THE TUNNEL”、 SLAYER “SEASONSIN THE ABYSS”、GOLDFINGER “GOLDFINGER”買う。

1998.07.21.Tue. 
リハ。楽器のテクニシャンの中川さんとカンタローさんが来る。久しぶりに会ったので嬉しかった。カンタローさんはいくら電話しても全くコール・バックしてこない人で腹が立つこともあるけどもう2年以上ずっとHALの楽器周りのケアをしてくれててチームの一員だから憎めない。メーカーの人も見に来た。事務所のTさんも来た。ライヴの通しとミーティングをやる。e.o.eがプレステのソフトを貸してくれた。クラッシュ何とかというので、スタジオのレジデンツのエンジニアのスッキーもこれは面白い、と言ってた。サンキュー、ミスターe!次のリハはライヴ前日。リハやってメンバーといるときは楽しい。

1998.08.19.Sun. 
リハ。晴れてて湿気もなく気持ちの良い日。新曲を詰めて、曲順で通す。結局、新曲は6曲で、内ライヴで初めてやる曲が3曲。今回はその3曲は全て変拍子のリフの曲になった。世間は夏休み。僕はもう7、8年夏休みやってるような感じ。気楽な毎日。腹の立つことも、うんざりすることもあるけどまあ楽しくやってるかな。

1998.07.18.Sat.  
晴れてて、湿度も低くて気持ちのいい1日だった。ちょっと用事があって実家に戻る。地元の古本屋で、プイグの『赤い唇』とニーチェの『この人を見よ/自伝集』を買う。プイグは大好きな作家で、『蜘蛛女のキス』、『ブエノスアイレス事件』、『天使の恥部』と読んできて、非常に感銘を受けてたので、見つけると買うようにしてた。だからこれを見つけたときは嬉しかった。邦訳されてるものはこの際注文して揃えようかな。ニーチェの方は新潮文庫版は持ってた。今回買ったのはちくま学芸文庫版で、ここから出てるニーチェ全集が、元々彼の原著に触れるきっかけになってた。だからこの全集も揃えたくて気が向くと買ってた。ここの全集は注釈が凄く詳しくて、『ツァラツストラ』はこの全集がなかったら挫折してたと思う。そういうわけでこのシリーズ全15巻・別冊4巻のうち7冊揃った。実際何度も読んでるのはそのうち2冊。CDとアナログと本の収納に困ってる。プレステも買ったせいでソフトが増えそうだし、大変だ。

1998.07.17.Fri. 
泳ぐ。新宿でメーカーの人と事務所のTさんとhalと僕でミーティング。雨。今日も涼しかった。マンガの週刊誌を深く考えず読んでない物は片っ端から買ってるんだけど、忙しいとか諸々の理由でちょっと読めないでいるとあっというまに15〜16冊たまってて、驚くことがあるけど昨日気づいたらやっぱり15冊あった。

1998.07.16.Thu. 
アナログでNILS LOFGREN“ CRY TOUGH”、 WISHBONE ASH“ CLASSIC ASH”、 DAVE LEE ROTH“CRAZY FROM THE HEAT”買う。泳ぐ。雨が降ってて涼しい一日だった。

1998.07.15.Wed. 
アナログでNAZARETH“ LOUD'N'PROUD ”TED NUGENT“FREE-FOR-ALL”を買う。両方とも500円コーナーにあった。西垣通『マルチメディア』を買った。いい買い物をして嬉しかった。西垣通はずっと読みたかったので偶然見かけて思わず買ってしまった。遂にどうしても欲しくなってプレステを買った。ついでに『トゥーム・レーダー』と『SIDEWINDER 2』と『RIVEN』を買った。これを選んだ理由は特になし。情報もなかったし基準もなかったので何となくこれにした。

1998.07.14.Tue. 
リハ。リハ前に泳ぐ。今日はレコードメーカーのディレクターと事務所のTさんが来た。軽く話して、またリハに戻る。新曲にトライ。相変わらず、気分のアップ・ダウンが激しくて自分で自分が嫌になる。その点を抜かせばおおむね順調だった。

1998.07.13.Mon. 
アナログで、AEROSMITH“LIVE BOOTLEG”、 BECK,BOGERT&APPICE “BECK,BOGERT&APPICE”、 JEFF BECK WITH THE JAN HAMMER GROUP “ LIVE”、JEFF BECK“THERE AND BACK”を買う。

1998.07.12.Sun. 
久しぶりのHALのリハ。halと僕とアニキとしげそとeoeの4人でスタジオに入るのは1カ月ぶり。何か新鮮だった。やっぱりこのメンバーは長くやってきただけあってノリが気持ち良い。というかHALの音楽にビシッとはまってる。今日は新曲を2曲やった。次のライヴまでリハにあまり入れないわりに、新曲は結構あって、スリリング。アニキにポール・オースターの『ムーン・パレス』をもらった。気になってたけど手を付けてなかった作家だったので嬉しかった。映画の『スモーク』は面白かったけどね。 全然関係ないけど、最近ずっと興味のなかったゲームに、関心を持ってて、プレイステーションが欲しい。2枚目のアルバムのレコーディングの時、ロンドンのスタジオにプレイステーションがあって、ミックスの待ちの間とかにやってたら、かなり面白くて、こりゃあ家にあったら1日中やっちゃうだろうなあ、と思った覚えがある。

1998.07.11.Sat.  
ジャラさんとセッション。halと僕とアニキとジャラさんとで、セッションをした。 ブルースの“walkin' the dog”とAC/DCの“BACK IN BLACK”とHALの曲で、まだCD化もLIVEでもやってない“SELF SERVICE”と言う曲と、既存のHALの曲、何曲かと、LED ZEPPELINの“CUSTARD PIE”をやった。面白かった。このメンバーで別名でバンドやっても良いなあ、と言う話しも出た。バンド名を決めなければならないということで、仮に、TEXAS THUNDERBOLTSと名付けた。halが先日解禁してからバカバカ、タバコ吸ってるので焦る。明日は一ヶ月振りのリハ。

1998.07.10.Fri. 
しげその家で、曲作り。彼を取材したドラムマガジンが届いてて、見せて貰う。なかなかいい感じだったので、明後日のリハの時にメンバーに見せることに決定。しかししげそが恥ずかしがって持っていくのを嫌がったので、僕が雑誌を没収して持っていくことにした。BEASTIE BOYSの“ AGLIO E OLIO”とTHE JAMES GANGの “15 GREATEST HITS”買う。

1998.07.09.Thu. 
泳ぐ。その後今度のライブのDMを作る。TO MAMMOTH GRAPHICSというデザイン事務所で作る。堀内さんと言う人にオペレイトをしてもらう。リボンに入ってから作った過去2枚のDMは彼と作った。僕よりhalの方がこう言うことに関しては確実にセンスがあるので、ほとんどディレクションはhalにしてもらった。山口さんが写真を持ってきてくれたので、それを元に制作した。かなりいい感じのが仕上がった。帰りに、『殺し屋ーイチー総集編』とアフタヌーンとビッグ・コミック・ゴールドとアクションとスーパージャンプとモーニングとコミック・アルファを買う。古本屋を覗いたらマゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』が売ってたので、買う。

1998.07.07.Tue. 
七夕。泳ぐ。ちょっとした用事の後メーカーの人を交えてミーティング。これからの漠然とした流れを元に話す。事務所のTさんにBEASTIE BOYS“ HELLO NASTY”貰う。その後、以前シネマライズの人にもらった試写会の招待状の日付が今日、最終日になってたので新橋の徳間ホールに観に行く。映画はジム・ジャームッシュの『YEAR OF THE HORSE』。ニール・ヤングとクレイジー・ホースを撮った映画。halと行ったんだけど、思いのほか映画を気に入ってて、この後会う人会う人にこの映画の良さを滔々と語ってて、面白かった。映画自体は真剣に自分の生き様を音楽にシンクロさせている人、音楽だけじゃなくて何かに命を懸けてる人だったら誰でも心を打たれる作品だと思う。ニール・ヤングとバンドのピュアさにつきたと思う。でも同時に、果たして日本という国でこういう音楽、生き方がどう受け取られるのか、考えさせられた。halが、最後の曲、“LIKE A HURRICANE”を、「一曲の中に、人間の全てがある。」と言うようなことを言ってた。でもこれが伝わるのかなあ。とも言ってて、同感だった。ノイズの中で独りメロディを歌うニール・ヤングの姿を音楽的に評価しようとしても意味がない。あれを感じられるかどうか、それだけだと思う。 映画を見た後、骨董道りにむかう。今日はfaiの日。アボガドバーガーとフライド・ポテトを食べてfaiに行く。ここで前代未聞の大ハプニングに見舞われることになった。入ると既に音楽が鳴ってて、珍しいなと思った。普段は僕が一番最初に来るから。受け付けに見知らぬ女の子がいて、僕が、今日やる者です、と言うと、アイちゃんの友達ですか、と聞かれて、は?、と問い返すと、同じ事を言う。おかしいなと思って、中に入って、顔見知りの男の子に、声をかけると、驚いた顔で、HALサンたち、明日ですよ、と言い出して、一瞬こっちも耳を疑う。結局店のブッキングミスで、ダブルブッキングされてた。腹は立つし、呼んだ友達に連絡しなきゃとか、色々対処しなければならなくなって、頭が痛くなった。どっちにしても、今やってる人をやめさせるわけにも行かないので、サジ君が来るのを待つ。外で待ってるうちに、前のfaiの時に知り合った、マリオ君やジャラさんやいつも来るファンのコ達も来て、やっとサジ君登場。最終的に同じ骨董道り沿いのVALというクラブが偶々空いてたので、お店の人の厚意で、そこを使わせてもらうことになった。みんなで移動しようとしてたら、ちょうどERICも来たので一緒に向かう。途中でノリと小山君にも遭遇したので、やはり一緒に向かう。しばらくして、faiにアニキを探しに行く。上手く会えたので、事の次第を説明して、VALに向かおうとしたら、e.o.eも来た。何とかうまくいってホッとする。この日はこういうハプニングのせいか、妙に盛り上がって、面白かった。halが2年間止めてた酒とタバコを一気に解禁して、すごい上機嫌だった。朝になって、解散する。サジ君を送って、halを送って、帰宅。スリリングな一日だった。

1998.07.06.Mon. 
作曲。久しぶりにサジ君と電話。エリック君からも電話。

1998.07.05.Sun. 
夢野久作『犬神博士』『押絵の奇蹟』『人間腸詰』『狂人は笑う』三島由紀夫『ラディゲの死』澁澤龍彦『女のエピソード』小栗虫太郎『青い鷺』購入。 SICK OF IT ALL “JUST LOOK AROUND”買う。

1998.07.04.Sat. 
ノリとhalと飯を食う。いつものパスタ屋。先日会ったときに約束してたCDを、菊池君が送ってくれる。ジェイムズ・エルロイ『自殺の丘』買う。

1998.07.03.Fri. 
山口さん来宅。ハワイの土産持ってきてくれた。夕方帰った後、最近見つけた池がある公園に行く。一見工事中に見えるので全く人がいない。でもまだかなり新しくてきれいで広い。散歩する。

1998.07.02.Thu. 
今月から新しいスポーツクラブ。今日初めて行く。ビルの5階にあってジャグジーから外が見えて快適なところ。比較的家の近くなのでここにした。そんなに混んでなくて良かった。

1998.07.01.Wed. 
菊池君とhalと僕で、自由が丘で飯を食う。久しぶりにゆっくり話せて楽しかった。