zoё's studio:DIARY 9806

ECCE HOMO

※ECCE HOMOとはニーチェの半自伝的かつ狂気に満ちた晩年の作品『この人を見よ』の原題で、
ここではzoёの偏見と怒りと笑いに満ちた日々の記録のことである



1998.06.30.Tue. 
6月が終わる。もう1年の半分が過ぎてしまった。
ノリとノリの友達の板垣さんがhalの家に遊びに来る。僕も参加。夜の9時過ぎに来て色々話して盛り上がる。

1998.06.29.Mon. 
プールの帰り、事故。

1998.06.28.Sun. 
蒸し暑い。何もしてないのに汗が出てくる。
曲作りをする。昨日の時点で作ってた曲の形がある程度見えてきたので、今日はそれを詰める。1曲にこうやってじっくり取り組むのは初めてと言っても良い。普通は曲の骨子はすぐに出来て、面白そうだったら先に進むし、ダメそうだったら放棄してしまう。こうやって色々模索するのは滅多にない。
NINA HAGENのベスト盤を買う。島本和彦のマンガが読みたくなって、古本屋を覗いたらあったので、『燃えるV』の3巻、『風の戦士ダン』の1巻、2巻を買う。
前髪が顔にかかってうっとおしいのでジェルでオールバックにした。昨日届いたサングラスして、ジャージにTシャツ、無精ひげで歩いてるガラスに映った自分を見て、あまりにもガラが悪くて驚く。
halと話したら午前中からプール行って、運動してハイになってた。僕は何か暑くて何もやる気がしなくてくたびれてたので好対照だった。

1998.06.27.Sat. 
先日作ったサングラスが今日届いた。ベネトンのごついヤツ。グリーンの枠にブルーのレンズ。ここ数日一曲にかかりっきりになってる。凄いクールな、まるでマイルスのエレクトリックの初期のような魔術的なビートがあって、それに負けないリフが欲しくて試行錯誤してる。ヴァレリーの『テスト氏』と言う本を古本で買った。昨日、今日と異常に蒸し暑い。そのせいか何か知らないけど、SGのネックが反ってしまった。ショック。

1998.06.22.Tue 
ジェイムズ・エルロイの『ビッグ・ノーウェア』読了。この本についてのコメントは別ページ参照。すさまじい本。モーニング増刊マグナム、スピリッツ、ヤンマガ、アクション、コミック・アルファを買う。モーニング増刊マグナムの表紙にもなってたけど、寺田克也という人が書いたデビルマンのトリビュートはファイルしたくなるほどの美しい出来。あそこまで絵がいいと内容なんかどうでもよくなるね。最近の永井豪の作品には失望させられることが多いけど、彼の遺産にインスパイアされてきた作家の仕事はいいものが多い。コミック・アルファは島本和彦のマンガが読めるので外せない。彼ほど才能がありながら過小評価されてる人もいない。『炎の転校生』を読んだときは、衝撃を受けた。こんなにスピード感があって極端で笑えて、でも同時に切ないマンガがあったとは。今連載してるマンガは故石ノ森章太郎の作品のリメイク。構図の斬新さや、あの独特にディフォルメされた絵は健在。この先どうなるか楽しみ。モーニングで連載が始まってる木葉功一の『キリコ』は最高。以前読み切りを読んだのを覚えてる。それが暴力的で切なくて、絵がまた素晴らしくて、こんなマンガ描けるヤツがまだいたとは、と驚いた。古本屋でフランツ・カフカの『アメリカ』を見つけたので買う。彼の短編が好きで岩波文庫から出てる短編集をはじめ、見かけると彼の物は買ってるんだけど、『城』と『アメリカ』は読んだことがなかった。しかしこの世界は時にひどくカフカ的に映る。無意味で、でも手間がかかって、時にシリアスな顔をする事を強いられて、滑稽で、不気味。立ち寄ったCD屋でIAN DURY&THE BLOCKHEADS“LAUGHTER”を買う。詳細は別ページ。夕方に度付きのサングラスを作りに行く。いつもコンタクトをつくってるところで作った。ベネトンのクールなヤツがあったのでそれに度の付いた青いレンズを入れてもらった。来週中に入手予定。体調は昨日よりずっと良くなった。ねこぢるの『ぢるぢる旅行記』が追悼企画で出てて入手した。
曲作りに入る。

1998.06.21.Mon. 
ジャラさんに会う日。午前中に起きて泳ぎに行く。何か調子がいまいちで、家に戻って、気づくと凄く体がだるくなってて、おまけに関節が痛くて典型的な風邪の症状。約束をどうしようか迷ったけど、当日に動かすのも気が引けたので出かける。途中でhalをピックして待ち合わせの場所に行って、店に動く。ジャラさんはピアスが凄くて、知り合いの中でもダントツにたくさん付けてる。halがよっぽど興味深いのか、しきりにどうなってんのか質問してる。近いうちにセッションをする約束をした。
ジャラさんはいい感じで力が抜けてて、halが気に入ってた。どこか達観したようなところがあって不思議な人。セッションが楽しみ。

1998.06.20.Sun. 
父に先日買ったプレゼントを渡すため、実家に行く。と言っても同じ横浜市内なんだけどね。喜んでくれたので嬉しかった。どちらかというと親孝行はあまりしてないのでこういう時ぐらい何かしたいと思う。父の日に物をあげたのは初めて。帰りにTシャツを買う。後日halにみせたら、かっこいいから欲しいと言われて、あげてしまった。

1998.06.19.Sat. 
朝10時過ぎに家を出る。第3京浜から横浜新道、国道16道、東名。1時間ほど走って御殿場インターで降りる。天気は上々。JANE'S ADDICTIONを聴きながら走る。高速を降りて山中湖へ向かう。FAXしてもらった地図が少しわかりにくかったので、スタジオに電話して道を聞くがいまいち要領を得ないので、取りあえず山中湖へ向かう。途中山道にさしかかり濃霧注意の電光掲示板が出てきて驚く。静岡県を抜けると山道も終わって山梨県に入る。湖畔が見えてきてまた天気も良くなる。すっかりドライヴ気分になって、デジカメで風景を撮ったりして何か楽しい。途中給油した時にスタンドの人に聞いたらもうすぐ近くまで来ていた。結局お昼には到着してて、ちょうどその時にアリ君は起きたところだった。EGGSというそのスタジオは山の中にあって、こもってレコーディングするにはいい感じだった。機材を運んでブラブラしてたら段々人が集まってきて、アリ君が紹介してくれた。3時間しか寝てないという話しで、紹介されたエリック君も眠そうだった。歌入れの予定だったところを、僕のギターを録ることになった。ベーシックは出来上がっていたので僕に期待されてたのはスパイス的な物。ノイズやソロなんかを3曲録った。光線銃ソロとかディレイを使ったソロとかE-BOWを使ったバッキングとかね。持っていったのは前回のサトーさんのセッションの時と同じくストラトとSG、その他エフェクターや特殊機材。エリックはほとんどの楽器を自分でやってて感心した。夕飯もご馳走になって結局終わって片づけて、車に乗って時計を見たら午前0時をまわってた。エリックとアリとセッションの約束をして家路につく。

1998.06.18.Fri. 
父の日になんかあげようと思って横浜に買い出しに行く。僕の親父は今鳥の写真を撮るのに凝ってるのでそれに関連した物を買おうと思ってデパートのアウトドアショップを覗くがいまいちピンと来ない。結局東急ハンズでたくさんポケットが付いてるメッシュ生地のジャケットみたいな物を買った。フィルムやら小物が入るので便利そうだった。本屋でデービッド・P・チャンドラー著『ポル・ポト伝』を買う。帰ってデジカメの映像をマックに取り込む作業をする。気づくと3時まわってたので、明日のセッションに備えて寝る。

1998.06.17.Thu. 
halとセンター北のある店でランチを食べてたらAli君から電話が入って、土曜日に彼が参加してるEricと言う人のセッションに遊びに来ないか、と言う話しだったのでOKする。場所は山中湖の近くらしい。今週はセッションが2つもあった。珍しい。その後事務所の人とミーティング。特にコメントなし。
以前HALのマネージャーをやってくれてたPさんが夜、halの所に遊びに来たので僕も参加。おみやげにねこぢるのおもちゃを持ってきてくれたので嬉しい。久しぶりだったので色々話した。いつかまたPさんと働いてみたい。

1998.06.16.Wed.  
泳ぐ。1500m。快適。以下のCDを買う。THE MISSION “GOD'S OWN MEDICINE” BEASTIE BOYS “ILL COMMUNICATION”僕の実家の近くに自然公園が出来て、そこで蛍が見れるとノリに聞いたので、halと見に行く。そこは元々僕が小さいときによく遊んだ場所で、田圃があって、山があって山を越えれば北鎌倉、と言う感じの場所だった。遊歩道みたいなのが出来て散策しやすくなっていた。halとノリと僕で夕方そこへ行くとちらほらと発光する物体が幾つも音もなく宙を漂っていて、現実感がない雰囲気。halは初めて蛍をみて感嘆していた。実際僕もかなり昔に見たことがあっただけで、こんなにたくさん至近距離で見るのは初めてでこれほど圧倒的な物だとは思わなかった。変な話しだけどCGみたいな不自然な蛍光で、何とも言葉では表現しにくい不思議さだった。

1998.06.15.Tue. 
今日はセッションの日。お昼スタート。halも遊びに来たら、とサトーさんに誘われてたので、halに電話したら今日はプールに行くと言い出したので、結局僕一人で高円寺のワンダー・ビートと言うスタジオに向かう。案外早めに着いたのでギターを弾いて指慣らしをする。やがてサトーさんが来たので紹介してもらう。アーティストの女の子はミサエちゃんと言う娘で名古屋から出てきたと言ってた。口の横にピアスを入れてて興味深かったから話しをしてみたかったけど、今日はなるべく短時間に2曲弾ききることを求められてる気がしてたので早速トライする。僕なりのロックなアプローチで弾ききって、無事終わる。結構好きなように弾いたけど大丈夫だったのだろうか。サトーさんと談笑して、他の作業が残ってる様子だったので、邪魔にならないうちに帰る。途中で古本屋によったらずっと探してて、注文しても品切れだったジャック・ウォマックの“テラプレーン”を発見して興奮、即ゲット。スピリッツとヤンマガとスーパー・ジャンプとアクションとスペリオールを買う。家に帰って見てみたらまだ読んでないマンガ週刊誌が16冊もたまってて驚愕する。

1998.06.14.Mon. 
泳ぐ。1500m。近くにいいスポーツ・クラブを見つけたので今入ってるところを今月一杯で退会してそっちに入会することにする。明日がサトーさんのセッションなので下準備じゃないけど、ギターの弦を買いに横浜に行く。弦と僕がいつも使ってるピックを買って久しぶりにレコファンとそのすぐ近くのヘヴィメタ専門の店にも行く。以下のCDを買う。
GUNS N' ROSES “The Spaghetti Incident?”
DEEP PURPLE “LIVE IN JAPAN”
The Smashing Pumpkins “Adore”
PRIMUS “tales from the punchbowl”
JANE'S ADDICTION“KETTLE WHISTLE”
ANTHRAX “VOLUME 8-THE THREAT IS REAL!”
そのあとビックカメラでソニーのデジカメを買う。halが欲しがってたので、あとで渡したら面白がって、早速自分の顔やブリクサを撮ってた。デジカメを買った後、明日使うつもりの機材を取りに東麻布のMスタジオに行く。車に機材を満載して横浜に戻る。そういうわけで今日は自由が丘→横浜→東麻布→横浜という感じで一日車に乗ってました。

1998.06.13.Sat. 
午後4時頃、しげその家に着く。彼からハードディスク・レコーダーを買う約束をしていて、今日はついでに使い方を彼から教えてもらうことになっていた。しげそはとにかく機材持ちで、近いうちに彼が持ってるヴァーチャル・ドラムを使ってプリプロをやる計画もあって、今日はそれのデモ演もやってもらうことになっていた。僕が買うのはローランドのVS-880。色々オプションもついてて結構お得な値段。金を払ったら、しげそが、気が変わらないうちに買いたい物があるから渋谷に行きたいと言い出したので、行く。ヤマハのモニター用スピーカー、10Mと言われてるものを買う。雨で渋滞してて、みんな混むのがわかって、よくこんな日に渋谷に来るよなあと思った。じっくり教えてもらって、Vドラムの音も聴けて、彼が作ろうと試みている自宅プリプロ・スタジオの名前も考えて、飯食って、彼の家を出たら12時をかなりまわってた。halのところに電話したらまだノリとK君がいたので僕も顔を出した。halの一人舞台で6時間近く喋りまくってたらしい。でもhalの料理をご馳走になってたので、まあいいでしょう。

1998.06.12.Fri. 
ここ数日ブリクサの調子が良くないのでhalとブリクサを連れてここんところ世話になってる中野の獣医に行く。別に心配ないということで安心した。halが飼ってるんだけど、僕も凄く可愛がってるので大丈夫とわかって安心した。フェレットはよく原因がわからずに気管支炎になってしまうことがあるらしくて、多少の咳や嘔吐はあるらしい。
この問題は別にして最近どうもここでは書けない頭を悩ますことが多くてうんざりする。ハー。 そういえば今日宅配便が届いて、開けてみると、MTVのK君からだった。halが前に頼んでたhideの追悼番組の同録で、halの話しによると一瞬HALも出てくるらしい。というのは去年の夏、彼がやったクラブイベントにHALもDJとして参加するという話しがあって、結局僕とアニキとサジ君で参加したから。明日はhal宅に僕の弟のノリと友達の小山君が遊びに来るらしいんだけど、僕はしげその所に約束してた機材を買いに行って、ついでに使い方を教えてもらう予定なので参加できない。halとノリは仲良しでよく2人で話して何時間も馬鹿笑いしてるので明日もにぎやかそうだ。

1998.06.11.Thu. 
ヘアー・メイクの山口さんにhalが髪を切ってもらう約束をしてて、halの家に来ることになってたので、ついでにeoeも呼んで前回のライヴのビデオを観ることにした。
halと山口さんはノリが合ってて、炸裂し出すと手が付けられなくなるくらい盛り上がるのだが、予想通り今回もかなりハイパーになってしまい、笑い転げてしまいには笑ってるんだか痙攣してるんだかわからない危険な状態になった。
夕飯をいつものパスタ屋で食べて解散。ビデオを返しに行ったら中古のCDが売ってて、何となく見てたらエルビスの興味深いCDが売ってたので買う。

1998.06.09.Tue. 
今日はアニキとミホさんとhalと僕で何とディズニーランドに行った。6時起きで7時過ぎにhalと車で葛西まで高速を飛ばしたら1時間ちょっとで着いてしまった。近いもんだ。9時にオープンするという話しだったのでその時間に入り口で待ち合わせて入園した。去年も何故か来てたので何か常連の様な気分だった。今回は無料のチケットがあって、アニキ達が僕たちを誘ってくれたと言うわけ。結構入り口の各ゲートには既に人が並んでて、こんな平日に何遊びに来てんだよー、とか思ったが、考えてみると自分たちもそうだった。メインのアトラクションにほとんど並ばずに入って昼飯を食べたり、お茶を飲んだりして、十分満足した時点でまだ5時ぐらいだったが、長居は避けてhalと僕は先に帰ることにした。案外歩き回って疲れた。もう十分堪能したのであそこは行くことはないでしょう。基本的に嫌いじゃないんだけど、すごくシステマティックでそこが鼻に付く時がある。あとあまりに産業化が効率的になされてて、心からリラックスは出来ないね。

1998.06.08.Mon.  
昼頃渋谷で事務所のTさんと待ち合わせをして3人で某レコード・メーカーに行く。近々引っ越しをするということでここに通うことはまあないだろう。引っ越し先はこの場所よりもっと横浜よりなので助かる。今回は前回より僕もhalも話した。まあ2回目としては、こんな感じでしょうか。

1998.06.07.Sun. 
昨日に引き続き凄く寒い。昼過ぎに友人で、halの義理の(?)兄でもあるJZさんから電話がかかってきて、今からhalの処に遊びに行くというので僕も参加することにした。偶然今日は彼の誕生日だったので、いいタイミングだった。ケーキを買って食べて、色々話した。もう6年ぐらい前にhalに紹介してもらって、それ以来仲良くしてもらってる。影響を受けた人かな。生き様がかっこよかった。僕が自分のクラブか、食べ物屋かなんかをオープンしたら店長として来てもらうことになってる。本牧の方に一軒くつろげて音楽が聴ける店を持ちたいんだよね。スタッフはJZさんをはじめ、僕の友達に加わってもらおうと思ってる。僕の夢。JZさんがバイトしてた広尾の店があって、そこは昼はランチをやってて、夜はバーになる店だったんだけど、halも彼の紹介でバイトしてて、僕も何度か顔を出したことがある。しかし今思うとよくhalにウエイトレスみたいな仕事が勤まったよな。実際客の食べてる途中の皿を下げたり、色々やってたみたいだけど。最近よく行くイタメシ屋に3人で行って夕御飯を食べて、解散。奢ってもらった。ご馳走様でした。JHONNY WINTERの“LET ME IN”を買う。明日は、この前恵比寿で会ったレコード・メーカーの人とミーティング。明日はどうなるかな。

1998.06.06.Sat. 
今日はEASY WALKERSのLIVEを観に高田の馬場に行った。ドラマーのジャラさんに誘ってもらったので、遊びに行った。アニキとミホさんと現地で落ち合う。halは小さい頃5、6年高田の馬場に住んでて、新宿とか下落合とか、あの辺の雰囲気が凄く気に入っててウキウキしていた。街を案内すると息巻いてたけど、道が思いのほか混でて、結局時間ちょうどについてしまった。駐車場からライヴ・ハウスに向かってる時偶然eoeに遭遇してお互い驚く。ライヴはお客さんの入りも上々でいい感じだった。やっぱり続けてきたバンドには底力があって、そこに感動を覚えた。ファンも暖かくて、いいライヴだった。ジャラさんに挨拶して、その後halとアニキとミホさんと僕で車で新宿に行って、ハイチ・カレーを食べて解散した。

1998.06.03.Wed-06.05.Fri. 
ここでは書けない問題が持ち上がってて、そのせいでここ数日気分が冴えない。金曜日に基本的な部分が解決したのでちょっとホッとしてる。そういうわけでここ数日についてはまとめて書くことにした。
金曜日に泳ぎに行った。1500M泳ぐ。泳いでる間は快適。あんまり考えないから楽。
木曜日に友人のMからCDが送られてきた。凄く嬉しい。送られてきたのは、
@STEREOLAB“Peng!”、ASTEREOLAB“the groop played ‘SPACE AGE BATCHELOR PAD MUSIC’”Btubeway army“REPLICAS”CGARY NUMAN“PLEASURE PRINCIPLE”DGARY NUMAN“TELEKON”E(V.A.)“[RANDOM]”。
A以外は持ってなかったので思わず小踊りしそうになった。サンキューM。この日は一日頭痛に悩まされていたので、特に嬉しかった。これらのコメントは別ページ、zoё's studio music参照。
金曜日にSEPULTURAのヴォーカリストのソロ大一弾SOULFLYのCD入手。詳細は、zoё's studio music。
この三日のうちにイラストレーターのLesson3まで終了。嬉しい。天気がずっと曇りまたは雨。でも何かこういう天気もいいなあ。特にダウナーな時はね。あと水曜日に久しぶりに自分の母親とまともな話しをした。基本的な部分で僕が小さい頃から全く変わってなかったので、嬉しかった。父親は最近鳥の写真を撮るのに熱中してる。凄い熱中振りで、やっぱり、自分は父親のこういう血を継いでるんだなあ、なんて思った。そういう三日間でした。

1998.06.02.Tue. 
梅雨入りした。実際天気は薄曇り。夕方から約束があったのでそれをすまして10時半頃faiに入る。入り口の所にサトーさんがいて、盛り上がる。ゲストにいれときますよ、なんて言っておいて自分が遅れてるからひどいよね。入ると、遅れると言ってたアニキが既に来ていて、また驚く。さらにとっくに来てると思ってたサジ君が来てないのでもう一回驚く。halはサトーさんとじっくり話すのは久しぶりなので盛り上がってる。僕は急いでセッティングしてかけ始める。FUN DA MENTALから始まってTRICKYの新譜から選曲。ダウナーに始まった。しばらくして店に僕宛に電話がかかってきて誰かと思ったらサジ君だった。調子が悪いという話しで、今日は欠席。サジ君がfaiを欠席するのは初めて。今回はDMを出してないこともあってか、お客さんが少なくて何か自分の家でささやかな集まりをやってるみたいだった。終わって、外に出てみるともう朝が来ていて、おまけに雨の朝だったので妙にニュアンスがあっていい気分だった。

1998.06.01.Mon. 
6月に入った。まだ梅雨入りまで時間があるみたいで、今日は何か清々しい一日だった。午前中に約束があったのでそれを済まして、午後泳ぐ。1500m。古本屋を覗いたら興味深いCDが、激安で売ってたので買う。MATERIAL“Hallucination Engine”,(V.A.)“Manifestation Axiom collection ”,MICHAEL MONROE“Not Fakin'It”の3枚。全部300円。あとアナログでJUDAS PRIEST“ Stained Class”。これは100 円。ということで千円でこんなにお買い得な買い物をしてしまった。最初の3枚についてはzoё's studio music参照。
サトーさんから電話がかかってきて、誰かのデモでギターを弾いてくれ、という話しなのでOKする。まあサトーさんの話は断れないよね。明日はfaiの日だ。夜遊びだ。

1998.05.31.Sun. 
気持ちのいい天気。今日は昼からイラストレーターに挑戦。テキストのLesson1が昨日終わったので今日から次の章に入った。今日は文字を入力したり、描いた絵に色を付けたりした。しかし音楽のソフトもやらずに何でイラストレーターなんかやってんだろう。そろそろ曲作りもしたいんだけどね。しげそからハードディスクレコーダーを買う約束をしてて、お金も用意出来てるんだけどまだ取りに行ってない。
夜8時を過ぎてから、無性にドーナツが食べたくなって車で買い出しに行く。が、結局買わずにコンピューターショップでフォトショップのテキストを買う。その後古本屋兼中古CDショップを覗いて、2枚買う。ALICE COOPER“Goes to hell”ALICE COOPER“Muscle of love”。これでALICE COOPERのCDはかなり集まってしまった。詳しくはzoё's studio musicで。

1998.05.30.Sat. 
今日は車のオイル交換をした。いつも交換する新横浜のガソリン・スタンドに行って交換。ついでにエレメントも換えて、フラッシングもした。2月に交換していつもは3000kmぐらいで交換するんだけど今回はバタバタしてるうちに5000km走ってしまった。帰りに気になってた古本屋兼中古CD屋に行く。ANTHRAX“I'm the man”、ALICE C OOPER“Killer”を買う。いい買い物をしたので気分よく帰宅。イラストレーターの練習をやる。いろんな図形が描けるようになった。嬉しい。ギターを弾く。テキストはやはりAC/DC。

1998.05.29.Fri. 
今日はレコードメーカーの人と会う日。天気は雨。場所は恵比寿。横浜の今住んでるところからhalをピックして、1時間もあれば着くと思っていたら、いきなり30分遅れて出発。途中碑文谷の辺りでhalが頭が痛いと言い出し、ダイエーで頭痛薬を買う。この時点で約束の時間まで15分。おまけに月末の金曜日、雨、ということで道路は激混み。もう時間通りに行くのを断念して、安全運転で行く。カーステから流れるMEGADETHを聞きながらhalは気楽そうに何か飲んでる。
30分遅れて約束の場所に到着。僕は道路のあまりの混雑振りに不機嫌で、halはいつものように初対面の人にはサングラスも外さない。後から考えると僕たちの態度は少々失礼だったかもしれない。しかしこれから友達として付き合っていく訳でもなく、あくまでビジネス・パートナーとして彼とは付き合っていくことになる。僕たちはレコードメーカーというものの最悪の所もたくさん見てきている。こっちから機嫌をとる必要は全くないと思ってるし、こういう僕たちと一緒にやっていけないと思ったらそういう答えを出してもらえばいい。こういう場を作ってくれた事務所のTさんには申し訳ないことをしたけど、僕たちはメーカーに対しては自分たちが納得いくまで仲間として認める気はない。そういうわけでちょっと妙な雰囲気の会合になったのだった。
会合の後、車で、前にAli君から教えてもらったセンター北のぺット・ショップに行った。話の通り大きな店で、犬猫とその他の動物は大きく分けられててhalと僕は当然その他の方に行った。しかしこういう動物を一体誰が飼うのか、という動物のオンパレードで驚愕。フェレット、プレーリードッグはまだいいけど、アルマジロまで売ってるのには参った。それも、その説明の札に‘よく慣れてます’と書いてあり、「ホントかよ」と思わずツッコミを入れそうになった。
しかしhalは「ホシイー」とか言って目が釘付けになってたけど、個人的にはペットとして蛇や毒蜘蛛を飼う感覚は一般常識人の私には判りませんな。帰宅してイラストレータの練習をして、『ビッグ・ノーウェア』を読んで、ギター弾いて寝た。

1998.05.28.Thu. 
ライヴに行く前に、駅前で用事を済ます。その際今週のスピリッツ、ヤンマガ、スーパー・ジャンプ、ミスター・マガジン、ビッグ・コミックを買う。中古レコードの100円コーナーを覗いたらお買い得な盤があったので結局3枚買う。ATLANTA RHYTHM SECTION,Art Garfunkel“Sisssors Cut”,そして一番嬉しかったのは、MONTROSの1st。これ本当に百円?って感じだった。
夕方にhalと車でCLUB24に行く。さて天国ジャックはHALがまだプロになる前からの知り合いで、初めて知り合ってからもう6年以上経ってると思う。HALは当時はバンドでやっててメンバーはぐるぐる変わってた。halと僕以外はね。横須賀でインディーのフリー・ペーパーをやりつつ幾つかバンドを集めてライヴをオーガナイズしたりしてた人がいて、その人はサトーさんっていうんだけど、HALもテープを送って、その人のやってたイベントとかにちょくちょく出るようになった。色々なバンドがいて、横浜のCLUB24と7th AVENUEを中心に、よくライヴをやった。そのうち何度も顔を合わせるうちに他のバンドのメンバーとも自然と話なんかするようになった。今思い出しても、個人的にこの一連のライヴから受けた影響は凄く大きい。サトーさんが自分の事務所をYSRと名付けていたので、この一連のライヴは普通のライヴと区別して、YSRのイベントなんて呼んでる。サーフコースターズはこの知り合いのバンドの一つ。ちなみにサトーさんがベースを弾いてた。サーフコースターズもいればHALもいて、という感じで何でもありだった。カールマイヤーというバンドはギタリストが凄くてインパクトを受けた。天国ジャックもそうやって段々仲良くなっていった。とにかくヘヴィーで、ヴォーカリスト兼ギタリストのダイラさんの自虐的なパフォーマンスには度肝を抜かれた。halは天国ジャックがとてもお気に入りで、YSRがなくなってからもお互い連絡を取っていた。今日のライヴは本当に久しぶりで、どんな風になってるのか楽しみだった。天国ジャックは最近アメリカでもライヴをやるようになってて、7月にまた渡米するらしいんだけど、帰国のスケジュールがうまくあえば、7月31日のHALのライヴで対バンになってほしかった。結局NGに なっちゃった。残念。
ちょっと早めに着いたので差し入れを買って、楽屋を訪ねる。久しぶりの再会で何か時間が一気に何年も戻った気がした。場所もCLUB24の楽屋だしね。本番前なので早々に失礼して中に入った。人は30人弱入ってたかな。他のバンドがやってて、何となくビールなんか飲みながら見てたら、前で体を揺らしてるヒョロっとした背の高い男がいて何か目立ってる。バンドはドラム、ベース、サックス、ギター、詩人という編成で、カッチリきまったアレンジというよりはインプロっぽい演奏。基本はドラムとベースで、あとのメンバーは流動的に出入りしてる。最後の辺りでドラマーが着ていたTシャツを脱いだ。なかなか熱い感じのドラマーだなーなんて思ってみてるうちに演奏が終わった。天国ジャックがセッティングしてるあいだhalと話してたら肩を叩かれて、振り向くとさっきの一番前でのってた背の高い男だった。お久しぶりです。といわれて顔を見てるうちに昔よく入ってた白楽のスタジオによく出入りしてた男の子だと判った。3人で懐かしがったり、近況を話したりしてるうちに彼が、さっきのバンドのタイコ叩いてた奴、アジマですよ、と言い出した。この言葉でhalと僕はのけぞるほどびっくり。奴は以前HALで叩いてたドラマーなのだ。halも僕もそのドラマーを見てたのに、全くわからなかった。早速呼んできてもらうことにした。アジマは生意気で礼儀知らずだったけど憎めない奴で、ドラムも、滅茶苦茶上手いわけでもなかったが、エモーショナルで好きだった。奴も白楽のスタジオに出入りしててお互いあんまりにもしょっちゅう顔を合わせるので、話をする仲になって、おまけにHALのメンバーチェンジの時に、ドラマーとして入ることになってしまった。結局ベーシストと相性が合わなくて、このメンツは半年ぐらいで瓦解するんだけど、その後も同じスタジオに入ってるもんだから、セッションしたりメシ食ったりはしてた。その後、HALはメジャー契約することになって、一端疎遠になって噂では渡米して、結婚したと聞いてた。そういうわけもあって、さっきまで目の前で叩いてた男がアジマと知って驚愕した。3年振りだった。天国ジャックが始まってから来たので、天国ジャック終わってから楽屋で話すことにして、一端別れた。天国ジャックは初めて観たときから、不変のスピリッツをもってて、熱くなった。曲は初めて聴く曲ばっかりだったけど、底に流れる物は変わってなくて、圧倒されてるうちにライヴは終わった。途中で誘ってたサジ君とスギやんが到着。そんなこんなで何だかタイムスリップしたみたいな、でもどこかリフレッシュされた様な1日だった。

1998.05.27.Wed. 
プールに行った。今日も1500E泳ぐ。昼頃行ったせいか空いてて、快適だった。夕方から事務所のTさんとhalと僕で日吉でミーティング。色々今後の動向について話す。レコード会社の話とかね。僕たちは東芝で嫌な目にあってるので次はきちんとしたちゃんとチームを組めるところを探さなければいけない訳で、そういう意味でもTさんとの定期的なミーティングは欠かせない。早速今週メーカーの人に1人会うことになった。さあどうなることやら。halは自分の思うことを最近特にストレートに話すようになってきて、聴く人によっては誤解を起こしかねないときもあるんだけど、僕は正直言ってhalのこのストレートさに正面から向かい合えない人だったら付き合っててもしょうがないと思ってる。我慢して相手に合わせていってもいつかそういう関係は壊れてしまうし、特にhalは1回会っただけでその人がOKかどうかわかるから、ジャッジが速い分無意味な人間関係をダラダラ過ごさなくてすむ。僕は極論すると、halが快適に過ごせる人だったらいいと思ってる。
帰りにTRICKY“angel with dirty faces”とgarbage“Version2.0”を買う。garbageは悪くないけどこれだったらCURVEの方が好き。TRICKYについてはzoё's studioに書いたのでそちらを参照。明日は友達のバンド、天国ジャックのライヴを見にCLUB24に行く。久しぶりに見るので楽しみ。このバンドについては詳しくは明日書こう。

1998.05.26.Tue. 
今日はメンバーのアニキとしげそと僕でhalの家に集まって、5/16のライヴの映像をみた。まあミーティングというやつです。ドーナツをたくさん買って、食べながら観た。27日がe.o.eの誕生日なのでみんなでfaxを書いて送った。

1998.05.25.Mon. 
プールに行った。旅行に行ったり、週末をはさんだりで、1週間強振りのプールだった。調子がよくて1500E泳いだ。ハイになった。

1998.05.24.Sun. 
HALのホームページをつくるサポートをしてくれてる大石さんがhalの家に来た。彼女にはMACで文章を書く方法とかを教えてもらってりしてて、今日はモデムを買ってオンライン上からプロバイダーに加入することを試みようとしていた。早速halの家の近くのコンピューター・ショップに3人で行って、モデムを買った。その時ねこぢるのスクリーン・セイバーと壁紙が入ってるCD-ROMが売ってたのでそれも購入した。電話線とMACをモデムに繋いで試みたところ、何度やってもうまくいかないので、諦めて郵送で色々送ってもらって、再挑戦することにした。そういうわけでHALのホームページ計画はまたしばらく先延ばしになったのであった。その後3人でよくいく焼き肉屋さんに行って、ご飯を食べて解散。

1998.05.23.Sat. 
今日はアリ君とアリ君のガールフレンドのマキさんとhalと僕の4人で夕御飯を食べた。アリ君と僕らは前から仲良しで彼が偶然すぐ近くに住んでることもあって前にも一緒に飯を食べた。マキさんとは初対面。また近くの駅で待ち合わせをして、僕の車で4人でイタメシ屋に向かった。横浜の、それもすぐ近くで友達と会えるのは気分的にも楽しい。久しぶりだったのでお互い近況報告したり、音楽の話をしたりした。アリ君はMTVの仕事に加え、ラジオも始めたらしくて、聞いてるだけで忙しそうだった。彼はミュージシャンでベースも弾くので、今度セッションの約束をした。今日待ち合わせした駅の隣の駅に大きなペット・ショップがあることをきいて、halが非常に関心を持って、明日にも行きたいと言い出した。実際halのペットのブリクサ(フェレット)のご飯は専用のフェレット・フードが必要で、何処でも売ってるわけではなくて、わざわざ自由が丘まで買いに行くこともあったので、その話は朗報だった。そこには実際色々な動物が売ってるらしくて、タランチュラが箱に入って山積みになってるとか、蠍が案外安く手にはいるとか、猿も何種類か売ってるとか、なかなか興味深かった。店が10時半を廻って、閉店になるというのでお開きにした。