ECCE HOMO
(※ECCE HOMOとはニーチェの半自伝的かつ狂気に満ちた晩年の作品『この人を見よ』の原題で、ここでは zoёの偏見と怒りと笑いに満ちた日々の記録である。)

*JUNE '00

-
6/1/THURSDAY
朝5時帰宅。眠い。早く梅雨来ないかな。毎日雨が降ってたらいいのに。今日蛇を見た。野性の蛇。昼間。空き地で。脱皮直後みたいで銀色に光って音もなく目の前を横切って行った。全身筋肉故の異様な姿勢で木にゆっくりと絡み付いて行って静止した。美しくもあったけど恐怖を感じた。手も足もなくて一本のワイアーのような筋肉の固まりの生物がいるんだから地球は驚異だ。

6/2/FRIDAY
夜とよとryuに会う。いつもの熱帯魚がいる店に来てもらって飲んだ。僕もよく知ってるイイ感じの雰囲気の団地にryuが住んでると知って驚いた。週末になるとさすがに疲れがたまる。ピークは土曜の夜。

6/3/SATURDAY
夜8時頃第3京浜で走ってたら車が止まってしまった。エンストしてエンジンかけようとしたらかからなかった。すぐにバッテリーだとわかった。考えてもみればもう8万H以上もバッテリー交換してない。JAFに電話したら取りあえず道路公団の車を呼んでくれた。追い越し車線で止まってしまったので牽引してもらった。あと数百メートルで環八というところだったので3京を車を降りて走って出口のところにある九州石油まで行ってバッテリーとブースターケーブル持って来てもらった。何とかブースターケーブルでエンジンかけてガススタまで行って交換した。中々スリリングな体験だった。第3京浜を足使って走る事になるとは思ってなかった。普段は何も感じない道路が車をおりると非常に暴力的に見えた。

6/4/SUNDAY
晴れて風が気持ちいい日。岩波文庫のゴーゴリ『外套・鼻』を買う。ドストエフスキーを読みつつ、ロシア文学の面白さを再確認している。ドストエフスキーの予想以上に赤裸々でソウルフルな内容に驚きつつ読み進んでいる。今日1日かけてHAL FROM APOLLO'69の『CRASUDRIVING BLUES』のリテイク・ヴァージョンを自宅で作った。eoeに借りてるASR-Xとdelta-1に借りてるKORG EA-1を駆使して作った。我ながらカッコイイー。でもこの自宅制作のデモは公開されることはないんだなー。残念。

6/5/MONDAY
SOUNDGARDENのヴォーカリスト、クリス・コーネルのソロがいい。改めて思ったけど、サウンドガーデン好きなんだなー。とよとHAL FROM APOLLO'69のマーチャンタイズの件でミーティング。頑張ってくれてる。HAL FROM APOLLO'69の携帯ストラップでも作るかーと言う話になってる。しかし毎日常に眠い。

6/6/TUESDAY
元SMASH YOUR FACEというバンドのギタリスト小山君と知り合いになった。ナイスガイ。魅力的な人間。グラフィックに最近興味を持ってるということで7/14のロフトでMIRRORMANのライブのフライヤーをデザインしてもらった。ワイルドでエロなかっこいいフライヤーが出来た。小山君は非常に魅力的な人間だ。生まれながら自然にアーティストとして存在しているタイプ。

6/7/WEDNESDAY
HAL FROM APOLLO'69リハ。燃える。ツインドラム面白い。今日は前回に引き続き新曲『私の舌は嘘をつかない』をつめる。あと『SUCK MY BLOOD,BABY』に収録した『CRASHDRAIVING BLUES』をバンドで初挑戦。凄くスピード感ある雰囲気に仕上がって嬉しかった。終わってからhalの地元の僕も好きな店でhal、僕、ジャラさんでメシを食う。ここ数日は精神状態が不安定だ。プライベートで環境が変わったというのもあるけど、フト気を抜くと虚無感がジワジワとやってきて怖い。家で一人でいる時は音楽かけっぱなし。アブストラクトなインストものか脱力した歌ものに限る。こういう時、マイルス・デイビスやブライアン・イーノの偉大さを骨身にしみて感じる。

6/8/THURSDAY
気分を変えるためメールや電話で数人の知り合いにメシでも食おうなんて誘いを入れてる。時間もあんまりないし体も疲れてるんだけどここ数日人とバカ話したりしたい気分だったから。孤独感は体に緊張を与える。リラックスするには孤独感から遠ざからなければいけない。自分がリラックスするために他人を利用する。僕は今そういう人間になっている。僕の孤独を癒すのに必要なのは何だろう?金?宗教?セックス?ドラッグ?僕を孤独感から解放出来るのは愛。愛は全ての原動力。これを見失うと生は無意味なものになる。無意味な生を送ってしまったという教訓しかない生はみじめだ。僕は生を意味あるものに出来るかどうかのボーダーをいつもよろよろ歩いている。音楽は時に僕を地獄に突き落とす。これは危険だ。音楽は自己憐憫の感覚を呼び起こすから。自己愛は迷宮だ。迷い続けて出口がない。午前3時頃環八、目黒通りから蒲田方面に左折してすぐのところ、3車線の道路のど真ん中で人影が3つ踊ってる。車道、それも夜中の環八で何やってんだと思って近寄って行ったらそのうち2人は警官で、暴れるもう一人の男を2人がかりで取り押さえてるところだった。珍しいものを見てしまった。おまけに歩道にどうやらその男の奥さんと3歳くらいの子供がいて、じっとその光景を見ていた。明日から梅雨入りらしい。生まれて初めて梅雨が楽しみ。朝方雨が降り始めた。

6/9/FRIDAY
雨。気持ち良い。コンタクトレンズを買う。ジャラさんと夜バンドの事とか色々話す。もう1度HAL FROM APOLLO'69というバンドについて根本から見直す。ジャラさんには様々な意味で会えて良かった。クリス・コーネルのソロがいつのまにか愛聴盤になってて毎日聴いてる。冒頭3曲たて続けに大好きな曲があって、中盤の「MOONCHILD」も大好き。車の中で一緒に歌ってる。歌詞はいい加減だけど。あと最近は家でバッファロー・ドーターも聴いてる。このバンドは大好き。さかなとバッファロー・ドーター。

6/10/SATURDAY
すぎむらしんいちの『サムライダー』1、2巻を入手。谷口ジロー『N.Y.の弁慶』買う。『サムライダー』はそのキャラだけでもう歴史に残る作品になった。谷口ジロー『N.Y.の弁慶』のドライでハードボイルドな内容に心を打たれる。この作品は凄い。今日は涼しい。気持ち良い。天気も雨と曇りで最高。週末、久しぶりに自分で料理した。と言ってもパスタとベジタブル・スープ。個人的にはおいしい。料理は好きだ。ベジタブル・スープはたまねぎとかしめじとか人参とかブロッコリーとかベーコン(これは野菜じゃないけど)とか炒めてコンソメのスープにするだけなんだけど、素材のうまみが出ておいしい。最近これ好きで、作る時間的余裕がある時は作る。これは余ったらホール・トマトの缶詰を足してカレーのルー入れると非常に美味しいカレ−にもなる。最近出先で缶コーヒーばっか飲んでよくないと思って、六条麦茶のパック買って来て家で作った。これをペット・ボトルに入れて持ち歩けば健康的だ。僕がそういう事やるとヘンかな?夜一瞬とよに会う。アップしてもらいたいフライヤーがあって、それを渡した。とよとミスター・ドーナツは切っても切れないものとして結びついてしまった。夜、雨がまた静かに降り始めて気持ち良い。夜が来たっていう感じがする。孤独感が癒される。外を車が走っても水をはねる音がするせいか快適なアンビエント・ミュージックだ。明日は久々のオフ。曲作りだ。雨が降り続いてくれるといいけど。

6/11/SUNDAY
週に一度、土曜から日曜にかけては曝睡する。今日も快眠だった。外は雨で涼しくて気持ち良い。ノリが遊びに来た。ミスタードーナツでドーナツ買って来てもらった。おかげで点数がたまって傘もらえた。これ本当はあげたい人がいたんだけどその人とは複雑な関係になっててきっとこれを渡すのはまだまだ先になるだろう。

6/12/MONDAY
今日は雨。元SMASH YOUR FACEのギターの小山クンとビール飲んだ。彼は非常に魅力的な人。

6/13/TUESDAY
今日も雨。肌寒いくらいの気候だけど気持ち良い。快適だ。

6/14/WEDNESDAY
うすね正俊『EATER』5巻入手。これで全巻揃った。やったー。このマンガは未完なんだけど絵が凄く好き。特にクリーチャーと兵器。恐ろしく引き付けられる力を持ってる。

6/15/THURSDAY
疲れがピークに達している。明日になれば休める。家に転がってたライ・クーダーの『ベスト・サウンドトラックス』を車に積んで聞いてる。ライ・クーダーも何だかアッパー感がなくて好きだ。最近家にいる時はブラジル音楽かけてる。気候もそんな感じになって来たし。カエターノ・ヴェローソ、ジョイス、カルリーニョス・ブラウン、マリーザ・モンチetc,etc...ブラジル音楽はどこか人生をリラックスして見させてくれて好きだ。シリアスな中にもどこか力が抜けてて、陽気で同時に切ない。

6/16/FRIDAY
今日は久しぶりにhal宅にお邪魔した。halは最近「笑う犬の生活」がお気に入りで、halの家行くと録画したビデオを見せてくれるんだけど、その中でも僕はテリー&ドリーが最高に気に入った。真似しようとして「お兄ちゃ〜ん」とかやってたら遥かにhalの方がうまくて差をつけられた気分だった。しかしあのネタは凄い。ある意味サイケだ。何が面白いのかわからないくらいのレベルに来てて脳天を直撃する。ネプチューンって凄いんだなー。遠山なんとかって言う女の子も可愛い。テリー&ドリーを見てインターFMとかでDJやってるジョージを思い出した。彼がインターで毎朝やってる番組の中の誕生日のコーナーがまた笑える。JBの「LIVING IN AMRICA」にのせてリスナーやアーティストやその日誕生日だった人を紹介するんだけど、アレが朝っぱらからテンション高くて可笑しい。

6/17/SATURDAY
今日は雨。涼しくて気持ち良い。今日は予定がとんだので家でゆっくりした。料理をした。ビデオで『パピヨン』見た。思ってた以上の凄い作品だった。この舌触りは中々味わえないと思った。夢中になって見てしまった。'73年の映画にしてこの迫力って言う事はやっぱ映画はピークを過ぎて今パワーダウンしてるのかな?と思ってしまった。スティーヴ・マックイーンってかっこいいなー。ダスティン・ホフマンもここ数年のやる気のない演技に比べると鬼気迫る熱演振り。たまたまここ2日程寝る前の朦朧とした頭でバラードの短編を読んでて、原風景として重なるものがあったせいか一層この映画にやられてしまった。この映画で描いているものがまさに生そのものだったから一層唸らされた。その後、『トリコロール 赤の愛』も見た。主人公の女の子が可愛かった。いや久々に2本立て。でも梅雨の夜にビデオを見るっていうのはいい。

6/18/SUNDAY
今日は少し蒸し暑い。PANTERAのライブに行ける事になったので嬉しい。それも場所は横浜BAY HALL。あの場所でパンテラ見れるなんてハッピーだ。今日はdelta-1とも会う。彼はある種非常にロックな暮らしをしていて面白い。さて今日はとにかくTVK石井さんに感謝。パンテラは凄かった。到着した時ちょうど始まったばっかりみたいだった。「WALK」やってて、感動した。しかし本物のダイムバック・ダレルも見たし、フィリップ・アンセルモも見た。しかも相当な近距離で。ヤツは長髪でひげでデブになってた。でもかっこよかった。会場のトラブルで何度か中断したけど、生パンテラは最高だった。終わってから石井さんとhalと僕とでメシ食って解散した。今日は僕のプライベートも珍しくピースフルで心の休まった1日だった。こんな日もあるんだなー。毎日こうだといいな。

6/19/MONDAY
今日は夕方っていうか夜から元smash your faceの小山クンがウチに遊びに来た。一緒に面白い事やろうと盛り上がった。まずバンドのTシャツ作りを手伝ってくれる事になった。彼は面白い。笑える。彼は80年代のハードコア好きで、僕の知らないバンドを死ぬ程知ってて、話してて面白い。夜は事情あって小平市というところというか東大和市まで行った。東京って広いなー。八王子とか東村山市とか全くカルチャ−になかったからビックリだった。だんだん風景が平面的になってきて道がまっすぐになって行くのが特徴。

6/20/TUESDAY
今日はSMASHING PUMPKINSのライブ。午前中北原君にアンプのピックアップを助けてもらって、ブックオフ行って、手塚治虫『ジャングル大帝』全3巻、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』下巻、すぎむらしんいち『サムライダー』3巻、GONTA『地獄の家』1巻買って、郵便局行って、帰宅して仙台行く車の手配した。夕方、halをピックアップして桜木町のパシフィコに向かう。今日もまたTVK石井さんに感謝。とよとろみと会場で落ち合う。席が凄く前の方で期待も高まるところで、ヤツ等が登場した。正直言ってビリー・コーガンを見た時はかっこよくて鳥肌がたってしまった。クソー。悔しい。でも本当にかっこよかった。「EVERLASTING GAZE」がベストだった。しかしビリー・コーガンは行き切ってた。ダースベーダーみたいな衣装にスキンヘッド。異様な姿がカリスマ感を演出する。スマパンは見事にビリー・コーガンのバンドだった。あやつり人形みたいな仕種や僕もよくやる人さし指と小指をたてるサイン、「ギャー」って言うよりは「ギョー」って感じの絶叫、全てがロックだった。

6/21/WEDNESDAY
HAL FROM APOLLO'69リハ。明日の仙台のライブに向けてのゲネプロ。燃える。30分のステージなのでアッパーに突っ走る選曲にした。しかしツイン・ドラムは面白い。普通の8ビート叩いてるだけで何かが新鮮。リハ後、アニキ、ジャラ、僕でメシ食う。その後hal宅でヤマグチさんにhalが髪を切ってもらっていたので僕も行って便乗して切ってもらう。そのあと家帰って用事で出かけて朝5時帰宅。1時間寝て仙台に出発だ。体力の限界に挑戦。

6/22/THURSDAY
さて朝方ジャラさんに車に機材積んで僕の家に来てもらって、レンタカー借りに行ってジャラさんのドラムと僕のギターまわりの機材積み込んでまずはhal宅に向かう。そこでhalとアニキをピックアップして次は馬込のシゲソニックの家に。またスネア等積み込んで、西大井あたりから首都高に乗って浦和方面へ。そこから東北道に入りひたすら北上。ちなみに往路はレンタカーをピックするまでは僕が運転。都内はジャラさんが運転。そして高速道路は全てアニキが運転した!さすがアニキ!halとアニキが前で何やら笑いを誘う会話を続け、僕は後ろで半分眠りながらうけてた。僕が寝坊してスタートが遅れてたので必然的に仙台到着も遅れた。アニキが平均時速140KMで飛ばしてくれたので助かった。ゲルに事前にマカナまでの場所を教えてもらってたので高速降りてからもスムーズに現場に到着出来た。とよが手伝いに来てくれて色々助かった。ありがたい。めぐろみも来てくれてたのでメンバーととよとめぐろみで牛タンを食いに行った。豪快な牛タンでびっくりした。堪能した。ライブはお客さんの数は少なかったけど、楽しんでくれてるお客さんがいたのでこっちも楽しかった。初のツインドラムのライブとうことでこっちも燃えた。短いライブだったけどテンション高く演奏出来て面白かった。帰りは今度は市内から東北道乗って、宇都宮あたりまで僕が運転して、サービスアリアでDelta-1に接触して今度はジャラさんが最後まで運転した。ジャラさんの車がウチに停めてあったのでウチまで行って、マックで朝食して、レンタカーを朝8時に返した。ウチで曝睡した。ジャラさんもウチのスタジオ部屋のソファーで曝睡してた。

6/23/FRIDAY
仙台戻りで朝9時くらいから夕方5時まで曝睡。夜から佐藤さんと打ち合わせ。

6/24/SATURDAY
雨。気持ち良い。岡崎京子『ROCK』、『要塞学園』1巻、『サムライダー(リニューアル版)』全3巻、『スプリガン』買う。夜地君とホームページのミーティング。ワリちゃんにエプソンの使ってないスキャナー借りた。ありがたい。

6/25/SUNDAY
午前中興味深い集会にコヤマ君と顔を出した。非常に興味深かった。集団心理の危うさを痛感した。僕とコヤマ君はロック度が高いので助かったが普通の人は持って行かれてしまうだろう。それに現場に向かう時にコヤマ君が持って来たPRISONERSをガンガンにかけて行ったのが一層荒々しい気分を盛り上げて、洗脳(?)に巻き込まれなかったのかもしれない。その後コヤマ君がウチ来て、夕方青山CAYでマツイが仕切ってるイベントがあったのでやはりコヤマ君と行く。オリジナル・ラブが非常にトライバルな演奏をしてて面白かった。最後に田島貴男がアコースティックで弾き語りをしたんだけど、トライバルなトランシーな音の後にシンプルな歌が心地よく響いた。その後ボアダムスのメンバーがやってるAOAのやはりトライバルな音を聞きつつラムコーク一杯で僕はイイ気分になって帰宅したのだった。

6/26/MONDAY
コヤマ君と夕方、金もないし、コンビニ前でビールでも飲むかということでビール飲みながら話なんかして、楽しかった。

6/27/TUESDAY
コヤマ君と夕方ラーメン屋でまた語る。面白かった。

6/28/WEDNESDAY
今日は曲作り。やっと曲作る時間が出来た。今日はかなり良い感じの曲が出来て嬉しかった。

6/29/THURSDAY
夜友達のせらた君の家に行く。コヤマ君も参加。せらた君はメトロポリタンというアメリカの古いイカした車に乗ってるいつもリーゼントをキメてるロックンロールな男。彼の家でビ−ル飲みながらタコス食って盛り上がった。

6/30/FRIDAY
リハ。遊びでジャラさんと、同じく元イージーウォーカーズのベーシストで今ジャラさんとリズム・ブラザーズを名乗ってるオキちゃんと僕とhalでスタジオ入った。面白かった。オキちゃんは物静かで痩せててローの効いたベースを弾くナイスガイ。リハ後ジャラさんとオキちゃんのマネージャーのミヤノさんも参加して5人でメシ食って盛り上がった。