zoё's studio

BOOKS/COMICS



(a)『ホプキンズの夜』ジェイムズ・エルロイ
警部ホプキンズ・シリーズ第2作目。前回と同様この作品でもホプキンズに相対する犯罪者が登場。同じ焦躁感や絶望感に捉えながらもとるべき道の違いからいつか対決する事を運命づけられている二人。このモチーフも前作と共通している。彼の作品独特のせき立てられるような雰囲気、血なまぐささ、深い傷を負った人間関係などを堪能出来る。L.A.4部作にはやはり及ばないけど、ホプキンズを始め非常に個性的なキャラクターたちが登場して楽しませてくれる。

(b) 『自殺の丘』ジェイムズ・エルロイ
警部ホプキンズ・シリーズ最終作。この作品でもうホプキンズの話が読めないと思うと残念。はっきり最終作と断られいるわけではないけど、このあとの彼の作品を見て行くと、もうこのシリーズの続きは無いと思う。この作品ではこののち書かれるL.A.4部作を彷佛とさせる錯綜したストーリー、主人公と光と影またはある意味で双生児的な存在感を持つサブ・キャラクターの存在など、様々な原形を見つける事ができる。暗くほとばしる情念やむき出しの野望や赤裸々な生きざま等、彼の作品を形造る多くのモチーフ。とにかくこの本の中のL.A.できっとホプキンズはまた癒されない傷や渇望に苛まれて戦い続けると思う。それをもう読む事は出来ないけど。

ン『キラー・オン・ザ・ロード』ジェイムズ・エルロイ
エルロイの作品の中では異色の作品と言ってもいい。時期的には『自殺の丘』と同じ頃書かれている。まず彼の作品の一つの特色でもある、主人公と同じくらいの比重を作品の中で与えられているサブキャラの多さがこの作品には欠落している。この作品ではハッキリ言って主人公は一人でほとんど彼の世界の中で事態は進行する。実際相対的に主人公に匹敵するキャラクターは出てはくるけど、この作品の中ではじつは大きな役割は果たしていない。僕はこの作品は一種の私小説だと思う。この主人公には作者の影が色濃く投影されている。エルロイの眼に映った世界、彼が苦しみの中で過ごしてきた年月へのレクイエムといっても良いと思う。じっさいこの作品のあと、彼はあのL.A.4部作を生み出す。はっきり言ってL.A.4部作は今までと同じ人間が書いたと思えないくらいに深く暗く重い。彼はこの作品で前進するために過去を弔ったような気がする。そういう意味で僕には興味深い作品だった。やがてエルロイの評価 をきちんとする時が来たら、間違い無くこの作品までが彼の前期と定義されると思う。

゙『ハリウッド・ノクターン』ジェイムズ・エルロイ
L.A.4部作外伝。『ブラック・ダリア』のリー・ブランチャードや『ビッグ・ノーウェア』のあの愛すべきバズ・ミークス、そしてエリス・ロウもちょこっと顔を出す。収録作品中「ディック・コンティーノ・ブルース」が最新作で『ホワイト・ジャズ』のあとに書かれた。ライトで引き締まっててテイスト的には彼の処女作『レクイエム』に近い。しかし決定的に違うのは主人公が抱える葛藤を描くその筆捌き。軽いけど凄まじい余韻を残す。一つの美しい神話を読んでいるような気分にさせる。バズ・ミークスが登場する話ではこれまたL.A.4部作に馴染みの深いミッキー・コーエンとハワード・ヒューズが登場する。しかしこの話はL.A.4部作を読んだ人なら、おや?っと思うはず。誰かL.A.4部作を全部読んだ人がいたらこの短編については話がしたい。どれもL.A.4部作の間をうめるちょっととした寸劇の面持ちだけど同時に味わい深くてL.A.4部作のファンにはたまらない作品集。しかしこの束の間の休養の後彼等に深く暗い嵐がやってくる。その運命を知っているだけに読んでて切なくなった。



hal's photozoe's studioKINKYOMEMBERSDISCOGRAPHYLIVELINKSTOP